<   2010年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 松戸市長(千葉県)前市議の本郷谷健次氏(61)が初当選。現職の川井敏久氏(67)▽会社役員の杉浦誠一氏(60)▽NPO理事の末松裕人氏(45)▽前市議の伊藤余一郎氏(68)を破る。投票率は42.07%。

 確定得票数は次の通り。

当55369 本郷谷健次=無新<1>[民]

 47897 川井 敏久=無現(4)

 29354 杉浦 誠一=無新

 19051 末松 裕人=無新

  9292 伊藤余一郎=共新

「武富士」副社長宅に銃弾か=脅迫文とともに届く―警視庁(時事通信)
都の「アニメポルノ」規制条例 自公修正案でも否決見通し(J-CASTニュース)
日露海戦の詳細記述…秋山真之の書簡を寄託(読売新聞)
<無賃乗車>JR東海の関与社員は85人 解雇含む処分実施(毎日新聞)
“タレントの卵”誰が食い物に…淫行で立件のアート元会長、泥沼訴訟の高い代償(産経新聞)
[PR]
by usv5lzvbco | 2010-06-15 21:19
 東京電力は31日、新潟県中越沖地震(07年7月)で被災し運転を停止していた柏崎刈羽原発1号機(新潟県)の原子炉を起動し、事実上の運転再開となる起動試験(試運転)を始めた。

 順調に進めば約1週間で発電を始め、2〜3週間後に出力100%に達する。運転再開は7、6号機に続き3基目。1号機の出力が100%に達すれば、同原発全7基の出力計821万キロワットのうち約半分の381万キロワットまで回復する。30〜50日間の試運転後、国の最終検査を経て、営業運転に移る。

 当初1号機は5月22日に起動予定だったが、原子炉給水ポンプの弁が完全に閉まらないトラブルが発生し延期していた。

【関連ニュース】
島根原発:差し止め棄却 安全性「問題ない」…松江地裁
柏崎刈羽原発:1号機 新潟県が運転再開容認
新潟・柏崎刈羽原発:1号機の運転再開容認
柏崎刈羽原発:1号機、運転再開は来週以降 トラブル原因「弁のへこみ」 /新潟
柏崎刈羽原発:1号機の再開延期 1週間の詳細点検 /新潟

墓参りで「マイリ」ポイント…法事の支払いも(読売新聞)
池波正太郎生誕地で清掃 台東区浅草(産経新聞)
<訃報>みな子姐さん90歳=最後の吉原芸者(毎日新聞)
優良種牛5頭、遺伝子検査を延長=さらに1週間は経過観察―口蹄疫(時事通信)
民主衝撃、比例投票先は自民下回る14%(読売新聞)
[PR]
by usv5lzvbco | 2010-06-04 14:43