<   2010年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 政府は25日午前の閣議で、少子化の現状と対策をまとめた「子ども・子育て白書」を決定した。2008年の合計特殊出生率(女性1人が生涯に産む子供の数の推計値)は1.37と3年連続で上昇したが、「欧米諸国に比べると低い」と指摘。子ども手当の支給など、社会全体で育児を支える制度の重要性を強調している。
 白書は、30〜34歳の男性非正規社員の有配偶者率が30.2%で、正社員の59.6%の半分にとどまっていることから、「就労形態の違いにより家庭を持てる割合が大きく異なっている」と分析。若年層の所得の伸び悩みや共働きの増加などで、育児を取り巻く環境が悪化しているとの懸念を示している。
 その上で「これまでの少子化対策の視点からは、不安や将来への希望に応える政策を生みだすことができなかった」と説明。10年1月に政府が策定した「子ども・子育てビジョン」に基づき、子ども手当などの経済的支援と保育サービスの充実を組み合わせた実効的な育児支援を行うべきだとしている。 

【関連ニュース】
当世「新成人」諸事情
「非正規」男性、結婚に困難=子どもの有無も「正規」と開き
保育所定員、5年で25万人増=政府が少子化対策ビジョン
自民運動方針の要旨
福島消費者相が欧州へ出発

長崎で原爆死没者名簿風通し(産経新聞)
<ケシ栽培>神奈川県が「問題なし」と誤指導 藤沢の農家に(毎日新聞)
「辺野古」日米合意、社民は反対方針(読売新聞)
<郵便不正>村木被告無罪の公算大 元部下の供述調書不採用(毎日新聞)
口蹄疫殺処分 畜産農家の悲痛な叫び 「この1カ月生き地獄」(産経新聞)
[PR]
by usv5lzvbco | 2010-05-27 23:51
 東京都や大阪市などの地方自治体が水道事業の海外展開を検討していることについて総務省は「国際貢献にもつながり収入源にもなる。現行法のままでも問題はない」との見解をまとめた。6月の政府の新成長戦略に盛り込む。従来は地方公務員法上の公務に相当するか明確でなかった。

 総務省中心の「地方自治体水道事業の海外展開検討チーム」が「経済成長にも直結する」として検討。渡辺周副総務相が17日、東京都の猪瀬直樹副知事にとりまとめ案を示した。都は第三セクター「東京水道サービス」を軸に民間と連携した海外でのビジネスモデルを検討中で、渡辺副総務相は「都の取り組みに刺激を受けた」と話した。【石川隆宣】

【関連ニュース】
総務省:日本郵政の「委員会設置会社」見直し提言…検討委
総務省:在外公館の業務体制見直し求める 岡田外相に勧告
衆院選:有権者数を訂正 総務省
NTT再編:結論を先送りの報告書 総務省の作業部会
総務省:「光の道」普及へ議論 作業部会

平野官房長官、徳之島住民と面会=普天間移設で理解求める(時事通信)
<薬事法違反容疑>未承認薬販売 社長ら逮捕 愛知県警(毎日新聞)
<東北大>論文データ転用で助教の解雇は無効 仙台地裁(毎日新聞)
8歳児暴行容疑で母逮捕=「食事こぼし、いらついた」−栃木県警(時事通信)
郵便不正、凛の会元会員に有罪…大阪地裁(読売新聞)
[PR]
by usv5lzvbco | 2010-05-19 04:02
 福岡市博多区で3歳女児が母親に暴行され意識不明の重体になった事件で、福岡県警博多署は6日、事件前に夫とともに粘着テープで女児を10時間半にわたり浴室に縛り付けたとして、逮捕監禁容疑で母親の無職山崎志穂容疑者(28)=暴行罪で起訴=を再逮捕した。
 同署によると、容疑を認め「自分が夫に指示した。お漏らしをよくしていたのでしつけの一環として体で覚えさせるためだった」と供述。日常的な暴行についてもほのめかしているという。
 逮捕容疑は、夫の会社員英治容疑者(31)=逮捕=と共謀、先月11日午前2時〜午後0時半ごろまでの間、自宅マンションで次女の山本心結ちゃんを水の入っていない浴槽に座らせ、粘着テープで右手首を蛇口に巻き付け監禁した疑い。 

【関連ニュース】
殺人、監禁容疑で12人目逮捕=公園前路上の男性遺体
1カ月の次男に暴行、父逮捕=壁に打ち付ける
監禁容疑で22歳男逮捕=トイレで助け求めるメール
独居房の室温上げ虐待=事実隠ぺい、書類偽造の疑い
元交際女性を刃物で脅し15時間=監禁容疑で26歳男逮捕

ニセ死亡診断書で日本生命から保険料3600万円詐取 容疑の元夫婦ら逮捕(産経新聞)
<乳児虐待>長女の足にアイロン 22歳の両親逮捕…福島(毎日新聞)
ニューハーフ不正結婚、フィリピン人女に逮捕状(読売新聞)
<放鳥トキ>巣にカラス侵入、卵捨てる ふ化厳しく(毎日新聞)
名神で男性はねられ重傷 事故起こし車外歩行中(産経新聞)
[PR]
by usv5lzvbco | 2010-05-12 03:10