<水道事業>東京都などが検討の海外展開 総務省が「OK」(毎日新聞)

 東京都や大阪市などの地方自治体が水道事業の海外展開を検討していることについて総務省は「国際貢献にもつながり収入源にもなる。現行法のままでも問題はない」との見解をまとめた。6月の政府の新成長戦略に盛り込む。従来は地方公務員法上の公務に相当するか明確でなかった。

 総務省中心の「地方自治体水道事業の海外展開検討チーム」が「経済成長にも直結する」として検討。渡辺周副総務相が17日、東京都の猪瀬直樹副知事にとりまとめ案を示した。都は第三セクター「東京水道サービス」を軸に民間と連携した海外でのビジネスモデルを検討中で、渡辺副総務相は「都の取り組みに刺激を受けた」と話した。【石川隆宣】

【関連ニュース】
総務省:日本郵政の「委員会設置会社」見直し提言…検討委
総務省:在外公館の業務体制見直し求める 岡田外相に勧告
衆院選:有権者数を訂正 総務省
NTT再編:結論を先送りの報告書 総務省の作業部会
総務省:「光の道」普及へ議論 作業部会

平野官房長官、徳之島住民と面会=普天間移設で理解求める(時事通信)
<薬事法違反容疑>未承認薬販売 社長ら逮捕 愛知県警(毎日新聞)
<東北大>論文データ転用で助教の解雇は無効 仙台地裁(毎日新聞)
8歳児暴行容疑で母逮捕=「食事こぼし、いらついた」−栃木県警(時事通信)
郵便不正、凛の会元会員に有罪…大阪地裁(読売新聞)
[PR]
by usv5lzvbco | 2010-05-19 04:02