将棋の有吉九段、珍しい「2手指し」で反則負け(読売新聞)

 将棋界の現役最年長棋士で、すでに引退が決まっている有吉道夫九段(74)が2日、大阪市の関西将棋会館で行われた第23期竜王戦の予選5組の対局で、2手続けて指す、きわめて珍しい反則で総手数17手で敗れた。

 有吉九段はこの敗戦で、通算成績が1086勝999敗となった。

 日本将棋連盟によると、序盤の駒組み段階で対局相手の浦野真彦七段が席を外したところ、数分前に着手した有吉九段が自分の手番と勘違いして着手、「2手指し」の反則になった。

 反則負けは毎年数局あるが、同連盟に記録が残る1967年以降で、有吉九段の反則は6回目という。

執事様のお気に入り
「記者クラブはつぶしたほうがいい」 ネット中継討論会もりあがる(J-CASTニュース)
大正のステンドグラス、なぜか紛失…宮崎(読売新聞)
【葬送】三越伊勢丹ホールディングス前会長・武藤信一(むとう・のぶかず)氏(産経新聞)
トヨタへの対応に偏り…公聴会(レスポンス)
[PR]
by usv5lzvbco | 2010-03-05 00:57