<協議の場>設置に向け、法案の骨子まとまる(毎日新聞)

 政府が法制化を目指している「国と地方の協議の場」の設置に向けた検討会が18日、首相官邸で開かれ、「協議の場」設置法案の骨子がまとまった。地方側は会議の議長に首相が就くよう求めていたが、首相は会議メンバーから外れ、任意に出席する程度にとどまった。政府は骨子を元に法案を3月中に閣議決定し、開会中の通常国会に提出する予定。

 骨子によると、メンバーは官房長官や総務相、全国知事会など地方6団体の代表らで構成。首相は会議を招集し、議長を指定する。会議のメンバーは首相に会議を臨時に招集するよう求めることができる。【石川貴教】

日医会長選、原中氏選対本部が公開討論会を提案(医療介護CBニュース)
<温室効果ガス>家庭部門では半減 25%減へ国内のみ試案(毎日新聞)
<金嬉老事件>現場の旅館に資料館…戦後史に残る劇場型犯罪(毎日新聞)
喫煙中高生の3割、家族などの「タスポ」使用(読売新聞)
危険度最高レベル?のソマリア アグネス・チャン視察に論議(J-CASTニュース)
[PR]
by usv5lzvbco | 2010-02-20 14:05